鈴木の読書感想ブログ

主に読書感想文。時々違うこと。

【教養とは?】教養力/齋藤孝【読書感想16冊目】

読書感想16冊目。
これは図書館で何となく気になって借りてみた本。


教養は大事ってのはよく聞くけど、実際「教養」って何なんだろう?
ちゃんと考えたこともなかったし、意識もしてこなかった。


そんな無教養な人間が読んだ正直な感想としては、教養で頭をぶん殴られたような気分でした。笑


教養を身に付けるとはそういうことなのかと思い知らされました。
本当に今まで、教養とは無縁の人生だったことが情けないし恥ずかしくなった。

ただ、逆にそれはこれから教養を身に付ける楽しみがあるということ。
教養を身に付け、人間的にまだまだ成長出来るかもしれないということでもあるかなと思いました。


本の中には今後読んでみたい本がたくさん出てきました。
どちらかというと、それは今まで避けてきた難しそうな本達。

でもこの本を読んで挑戦してみたいと思いました。
今回この本はたまたま選んだような気がしていたけど、自分の中でどこか「教養」というものを求めていたのかもしれない。
だから無意識にこの本を手にしたのかもしれないですね。


わかりやすくて楽しい読書もいいけど、教養を身に付ける為に少し難しい読書にも挑戦してみようと思わせてくれました。


著者の齋藤先生の本はこれからたくさん読むことになりそうな予感。
意識していなかったのですが、実際にはもう何冊か読んでいました。引き寄せられている…笑


教養力のある人間目指していきます。


教養について深く知りたい方、教養を身に付ける為の本やヒントを探している方はぜひ。

↓ランキング参加中。良かったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ