鈴木の読書感想ブログ

主に読書感想文。時々違うこと。

【お金を知ろう】誰も教えてくれないお金と経済の話/森永康平【読書感想10冊目】

読書感想10冊目。
2021年自分の中で最もブレイクした人&影響を受けた人No.1森永康平さんの本です。


森永さんは「おはよう寺ちゃん」と言うラジオのニュース番組でコメンテーターとして出演されていたのをきっかけに知ったのですが、最初はどんな方かは知らずに聴いていました。

でも段々とそのニュース解説のわかりやすさなどから森永さんの出演する日が楽しみになってきていつしかファンになりました。

そしてのちにあの森永卓郎さんの息子さんだということを知りました。
でも先に「森永卓郎さんの息子」で知っていたら変な先入観でここまで好きにならなかったかもしれませんね。

あ、誤解のないように言っておきますが、森永卓郎さんも好きですよ。


前置きが長くなりましたが、そんなこんなでラジオを通じすっかりファンになった森永さんの本もぜひ読んでみたいと思い、内容的に今の自分にどんぴしゃだったこの本を購入。


内容はタイトルそのままお金と経済のお話。
まだ少し難しい内容もありましたが、そこは森永さんの本だけあって極力わかりやすく、クイズも盛り込まれていたりして最後まで読みやすかったです。


お金や経済に関してはこの本を読む前から少し学んでいたので、内容に大きく驚くことはなかったのですが、もし世間一般的な考え(自分も以前はそうでした)でこの本を読むと自分の常識がひっくり返るかもしれません。
それをまずは受け入れられるかどうかがこの本の大切な部分なのかなと思います。

この本を読み、なぜ学校やTVではこういう情報を伝えないのかなと疑問に思います。
きっと伝えられない理由や事情があるのかなと。

そうしてもっともっとお金や経済、それにまつわることなどを深く知りたくなります。
やっぱり大事なことは自分から知ろうとしないと駄目ですよね。それもちゃんと正しいことを。1人1人が学んでいかないと色々と世の中は変わっていかないんだろうなと改めて強く感じました。


本当にお金と経済の入門書としてぴったりな1冊。
たくさんの人に知って、読んで欲しいなぁと思います。自分も何度も読み返し、完全に理解していきたいと思います。


お金と経済をこれから学んでいこうと思っている方はぜひ。