鈴木の読書感想ブログ

主に読書感想文。時々違うこと。

【何にでも使える愛用品】手ぬぐいの話【便利な子育てアイテム】

今回は愛用品である手ぬぐいのお話。
手ぬぐい、便利です。とにかく色々と使えます。


確か、昭和の暮らしとか昔の生活的な本をよく読んでいた頃に便利そうだなぁと思ったのがきっかけです。


基本的にはハンカチ代わりにポケットにいれています。フェイスタオルくらいのサイズですが、薄いので普通にハンカチと同じ感覚です。

それとは別にバッグにも2〜3枚は常に入れています。よっぽど小さいバッグでなければ2〜3枚でも大した厚みにはならないのでかさばらないです。


特に便利さを感じるのが子供とのお出掛けの時。例として、


①頭に巻けば帽子代わりに。

②首に巻けばスタイ代わりに。

③テーブルに敷けばランチョンマット代わりに。

④お尻に敷けばシート代わりに。

⑤腰に巻けばスカート代わりに。(パンツ見えちゃうのでオススメはしません。笑 水遊びで着替えなかった時に苦肉の策で1度だけやった)

⑥拾ったどんぐりを入れる袋に。


ほら、どうですか?パパさんママさん使えそうだなって思ったでしょ?

まだまだアイデア次第で出来ることはたくさんあると思います。


あとは自分の場合、バスタオルから手ぬぐいにしました。

すぐにびしょびしょになりますが、薄いのでギュッと絞って、パンッってやれば問題なし。2〜3回やれば全身拭けます。

ただ、これは髪が短髪だからってのもあるので髪が長いと大変かもしれないですね。


でもとにかく便利なんです。何でも使えて、しかも安い。もう手放せません。

定番の豆絞り柄を10枚くらいまとめて買ってしまったので、枚数は足りていますが、今後は色々な柄とかも増やして、季節や天気ごとに使い分けしたりしてみたいですね。粋ですな。


そんな感じでこれからも手ぬぐいライフを楽しみたいと思います。
興味を持たれた方はぜひ。


探せば家に1枚くらい眠っていたりするかもしれませんよ。